東京の霊園とメリット

墓地や霊園には様々な違いがあり、一昔前は墓地が多く見られましたが近年では霊園に注目が集まりつつあります。特に東京など都心では選ばれやすく数も年々増えています。宗教や国籍による制約がないところが多いことも特徴の一つであり、費用も安く済むことが多いので選びやすくなっています。その中でも、少し都心から離れていて静かで自然があるところもあれば都心からアクセスしやすいところもあります。送迎バスがあるのかないのかにも注目しておくようにしましょう。数多くあり選択肢が豊富なのは良いことですが、その中から一つを選ぶのは簡単なことではないのではないでしょうか。いざという時になってから困ることのないようにするためにも、インターネットで調べるなどしておき、早い段階から選んでおくことも大切になってくることは確かです。

公園墓地として分譲しているところもある東京の霊園

霊園は、明るい公園のような場所にあり、墓苑や共同墓地などを総称してそう呼ばれています。寺院と檀家制度でつながることはないので、そんな意味では自由だと感じている人も少なくありません。東京には23区内、八王子や多摩など東京の西部や中部などにたくさんの霊園があります。交通の便が良いところも多くあり、西部や中部などには都市型の公園墓地という名称で分譲しているところも多くあります。郊外に行くほど、見晴らしも良く、広々として開放感あふれるところが多くなっているようです。郊外になるとアクセスを心配する人も多くいますが、そんな場所はサービスも比較的行き届いていて、送迎バスなどで連れて行ってもらえるところもあります。都市部は特にそうですが、最近は葬儀の形だけではなく、お墓に対する価値観も多様化しているので、新しくお墓を建てたいという人の中には、霊園を検討している人も多くなっている傾向があります。

東京の公立霊園の特徴

東京には、公立の霊園があり、民間のと比べて数々のメリットがあります。先ず挙げられるのが管理料の安さで、市町村などの自治体が運営しているため、可能になるわけです。次に挙げられるのが宗教や宗派を問わないことで、特定のお寺等が管理する墓地ではないので、お寺の檀家でなくても利用できるわけです。公立の霊園には、敷地が広いところが多く、開放感があるのも魅力だと言えます。周りの環境としても、一般的に自然や緑が豊かになっています。また、歴史がある墓地も多いので、著名人の墓なども多く、散策場所としても適しているわけです。加えて、石材店を自由に選べることも、大きなメリットだと言えます。一方、注意事項としては、法要施設が近場にないことが多く、僧侶の手配なども自分で行う必要あることです。また、基本的に生前に申し込めず、競争倍率も高くなっています。そして、希望の区画を選ぶことも難しいので、場所にこだわる場合は、民間の霊園が選択肢になると言えます。