東京にある霊園の特徴

東京都は、日本の首都でもあることから、人口の数が多く若者から高齢者まで幅広い年代の方がすんでいる都となっています。東京には、いくつかの霊園が存在していますが、霊園を利用することができるところは数に限りが出てきており、人の数が多いことから、利用することができる人数にも限りがどうしても出てきてしまうため、せっかく場所が気に入ったとしても利用することができないという事があったり、ほかの場所を利用するしかないという場合もあるようです。また、とくに東京都にある霊園には、利用に伴う費用の方が高いという傾向がほかの県よりもあるようで、利用するための費用が高いということには、どうしても支払いが厳しくなってしまう方も多くいるため、自宅から近いところを利用したいとはおもっていても、費用のことを考えると諦めざるをえないという事があるようです。

東京で多様化が進む霊園

最近よく「終活」という言葉を耳にしますよね。「終活」とは、自分の葬儀やお墓などを具体的にどんなものにするかを、生きているうちに考えるということです。家族葬などが増え、葬儀のスタイルが多様化してしますが、最近はお墓のあり方も多種多様になっています。とくに、東京には土地が少なく、これ以上お墓のための土地を確保し続けるが難しかったり、核家族化が進みお墓を守る子供達へ負担が大きくなったりということから、従来のような墓地ではなく新しい形の霊園が増えています。新しいタイプの霊園では、室内型のものが特に人気です。天気が悪い日や冬でも、気軽にお参りにいけることから注目されるようになりました。日本人はあまり生きているうちにお墓や葬儀のことを話すのは得意ではありませんが、いつか必ず必要となる話ですから、自分の意思をしっかり家族に伝えておくと良いですよね。

東京での「霊園」探し

わたしは東京に住んでいるのですが、最近親とよく「お墓」の話をします。わたしの親は二人とも次男と次女なので、まだお墓を持っていません。ですから、今後自分たちのお墓を購入しなければなりません。わたしには兄弟がいないので、そのお墓はわたしが守っていくことになります。最近よく話しているのは、他の人と合同でお骨が納められるタイプのお墓についてです。永代供養のお墓にすれば、万が一わたしに子供ができなくても、お寺の方がしっかりお墓を守ってくれます。親としても、わたしにはあまり負担をかけたくないようなので、今はそっちの方向で検討を進めています。東京には様々なタイプの霊園があるので、選択肢が多いという意味では恵まれているなと感じます。今は親のお墓の話ですが、いずれは自分にも関係してくることなので、自分でもしっかり考えなくてはとおもっています。